仕事の役割とスキル

仕事をする上でクライアントワークや技術的な仕事をする等、役割が存在する。
その役割をまっとうすることにプラスして仕事を進めるスキルが存在する。

  • この仕事で相手が望んでいることは何なのか。
  • どれくらいの時間がかかるのか。
  • その仕事をいつまでに終えないといけないのか。

等々

こういったことは依頼者へのヒアリングや、かかる時間の自己分析、スケジュールを管理する力が必要だと思う。また、自身での実行が難しい場合、他者への協力をあおぐ調整力や、代替案を提案する視点や発想も必要になってくるだろう。

これをマネジメントとして捉えるのかコミュニケーションとして捉えるのか、または仕事に対してのマインドと捉えるのか。

視点が変わればその表現が変わってくるのだと思う。

仕事をする上で当然必要になってくるスキルではあるが当たり前のことを当たり前に実行して、クライアントに喜んでもらいそれをメンバー共有できるようにしていきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加