WordPressのサイトデータを別のサーバーへ移行した

WordPressでサイト運用をしておりますが、先日数件、サーバーのお引越しがありましたので、その方法ご紹介します。(*1、2は実際に利用したことはありません)

1、サーバーのサービスを使う

WordPress(ワードプレス)簡単引っ越し、WordPress簡単移行等、レンタルサーバーで準備されているサービスを利用して引越しができます。

こちらを利用してデータを移行すると比較的簡単に引越しができそうですね。

ただしWordPressをカスタマイズしていたり、ファイル構造を変更していたりすると、引っ越しが難しくなる場合もありそうです。

移行するためには条件があるので、WordPressのバージョン等もしっかりとチェックした方がよさそうです。

2、WordPressの機能やプラグインを使う

WordPressにはエクスポート機能がついています。

ツール>エクスポートという手順でブログコンテンツをダウンロードできます。

その他にもプラグインを利用してデータを移行できるようです。

メディアの移行が難しく上手に移行できないケースも見られるようですので、大事なデータのバックアップを取得して実行したほうがよさそうです。

3、SFTP、SQLデータを移行する

アップロードされているWordPressのファイル、プラグイン、テーマ、画像等、そしてデータベースデータを移行します。

サーバーにアップされているデータはSFTPやSSHを利用してデータを取得、移行します。

データベースはホスティング会社で準備してくれているphpMyAdmin等のツールを利用しています。

まとめ

大きな問題はなく移行できる3番目を採用してデータを移行しています。

ファイルデータ数や容量が大きい時には手間も時間も比例してかかるので、そんな時は黒い画面使って移行することもあります。

どのケースにしても、しっかりバックアップを準備して引越しをしてみてくださいね。

 

それではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加